診療のご案内

・あおぞら歯科 > 診療のごあんない > 歯周病について

歯周病について

歯周病は、歯を支えている骨や歯ぐきに起こる病気です。
国の調査では、成人の8割以上が歯周病にかかっている
という結果がでています。

歯周病は、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)や歯垢(プラーク)、
歯石の中にいる歯周病菌が出す毒素が原因で炎症が起こり、
歯ぐきの腫れや違和感、痛み、歯ぐきからの出血、
口臭などの症状を引き起こします。
また、歯周病が進行すると歯を支えている骨が吸収を起こし、
支えを失った歯は抜けてしまいます。

歯周病は、進行過程では自覚症状が少なく、気付いた時には
重症な場合が多いため注意が必要です。
重症化する前に、早期治療や予防を心がけることがとても大切です。


・歯ぐきの腫れ、違和感、痛み
・歯ぐきからの出血、口臭
・歯のぐらつき


様々な要因が重なり起こりますが、
最大の原因は歯垢(プラーク)です。
歯周病菌が出す毒素が、歯周病の発生・進行に大きく関わります。


・歯並びや咬み合わせの不正、適合の悪いかぶせ物、
歯ぎしり、喫煙、ストレスや過労、口呼吸 ・乱れた食生活、糖尿病などの全身疾患や妊娠など

健康な歯ぐきです。歯肉は引き締まっていて、ピンク色をしています。


ばい菌がたまることにより歯肉の炎症が進行すると、
歯と歯肉の付着器官が溶け歯周ポケットができます。

そこへ汚れが積み重なると、石のように固くなった歯石が
歯ぐきの中にもできてしまいます。
まだ歯根膜や歯槽骨(しそうこつ)までは破壊されて
いない状態ですが、歯ぐきは赤暗く丸みを帯びて腫れ、
歯みがきの時や固いものを食べたときに出血しやすくなります。
歯石はとても固いため、歯ブラシなどで取り除くことはできません。
正しいブラッシングと、
歯科医院で歯石除去をすると良くなります。


骨(歯槽骨)が歯根の長さの三分の一以上消失すると、歯を支える骨が吸収し始めます。
炎症がさらに悪化すると歯槽が溶けて歯根部が露出します。

冷たいものや熱いものでしみたりすることもあります。
歯石が歯周ポケットの深くに付着し歯肉が腫れ、膿が出てきます。
口臭もひどくなり、歯を支えている骨の吸収により歯がグラグラ動きます。


とうとう歯を支えることができなくなり、歯が抜けてしまいます。


歯周病の治療の流れとしては、
歯周組織検査からはじまりプラーク付着の状態、
ポケットの深さ、歯ぐきからの出血、歯の揺れの程度等を調べ、
レントゲンで歯の周りの歯槽骨の状態を確かめます。

また治療の節目には検査を都度行い、
経過を確認しながら治療を進めていきます。

歯周病は再発しやすい病気のため、
定期的なメンテナンスが必要になります。

当院では、歯周病やむし歯の原因となる
細菌性プラークの除去、歯の健康維持のための
プロフェッショナルクリーニングPMTCを導入しています。
詳しくは予防歯科をご覧ください。



あおぞら歯科について

交通アクセス

サイトについて

ページのトップへ戻る