診療のご案内

・あおぞら歯科 > 診療のごあんない > 一般歯科 > 冠(クラウン)の種類

奥歯に用いる冠(クラウン)




オールセラミック冠は、全体がセラミックでできた冠です。


・ 透明感があり、天然歯に近い自然感が得られます。
・ 変色が起こらず、審美的です。
・ 細菌がつきにくく、衛生的です。
・ 金属を使用しないので、金属の溶出による歯や
歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こりません。
・ 割れることがあります。
・ 歯を削る量が比較的多いです。
・ 咬み合わせの状態によっては、不向きなことがあります。
・ コストが高価です。



メタルボンドセラミック冠は、中身は貴金属(白金加金など)で
外から見える部分にセラミック(陶材)を焼付けた冠です。
(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)

・ 天然歯に近い色調が得られます。
(透明感は、オールセラミック冠よりは劣ります。)
・ 変色が起こらず、審美的です。
・ 細菌がつきにくく、衛生的です。
・ 中身が金属なので、強度があります。
・ 保険の金属と違い貴金属を使用しているため、
金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、
金属アレルギーが起こる可能性が低くなります。
・ セラミックの部分が割れることがあります。
・ コストが高価です。



ハイブリッドセラミック冠は、セラミック(陶材)と
レジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた冠です。

・ セラミック冠より安いコストで白い冠が作成できます。
(色調や透明感は、セラミック冠よりは劣ります。)
・ 金属を使用しないので、金属の溶出による歯や
歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こりません。
・ セラミック冠より割れにくいため、適応範囲が広いです。
・ プラスチックが混ざっているため、時間の経過とともに
少しずつ変色が起こります。



硬質レジン前装冠とは、中身は金属
(金銀パラジウム合金)で外から見える部分に
レジン(プラスチック)が貼り付けられた冠です。

・ 中身が金属なので、強度があります。
・ 色調、透明感がセラミックより劣ります。
・ 時間の経過とともに黄ばみ変色します。
・ 時間が経つと金属が錆びて溶け出し、
歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーを起こす可能性があります。
・ レジンの部分が、すりへったり、とれたりすることがあります。
・ 奥歯では、保険適用外となります。




ゴールド冠とは、「金合金」や「白金加金」等の貴金属を使用した冠です。


・ 金属なので、強度があります。 割れることもありません。
・ 適合が良く金属もほとんど錆びることがありません。
(白金加金は現在、最も良い歯科用金属であると考えられています。)
・ 保険の金属と違い貴金属を使用しているため、
金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、
金属アレルギーが起こる可能性が低くなります。
・ 金属色なので、審美性(見た目)で劣ります。


保険適応の金属として指定されている
「金銀パラジウム合金」や「銀合金」を使用した冠です。


・ 金属なので、強度があります。 割れることもありません。
・ 保険適応で、安価です。
・ ゴールド冠に比べ、適合が劣ります。
・ 時間が経つと金属が錆びて溶け出し、
歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを起こす可能性があります。
・ 金属色なので、審美性(見た目)で劣ります。



前のページへ戻る

あおぞら歯科について

交通アクセス

サイトについて

ページのトップへ戻る