診療のご案内

・あおぞら歯科 > 診療のごあんない > 失った歯の回復

失った歯の回復(欠損補綴:けっそんほてつ)

失った歯を回復することを欠損補綴といいます。

その方法は、 1.ブリッジ、2.入れ歯、3.インプラント
の3通りです。
場合によっては 4.何も入れずに様子を見ることもあります。
担当医とご相談の上、ご自分の意志で治療法を選択して下さい。

治療法の選択権は患者様にあります。
治療は責任をもって行いますが、歯を長持ちさせるためには、
治療後のお手入れを相互で協力して行うことが大切です。



適応症・・・失われた歯が少数の場合に用いられます。
ブリッジ


・固定式なので、違和感がありません。
・健康保険の適応が可能です。(一部保険外の材料もあります)


・隣の歯を削らなければいけません。
・削られた歯は天然の歯よりも弱くなってしまいます。
・失われた歯の分まで噛む力を負担しなければならないため、
ブリッジを支える歯に無理な力がかかります。

入れ歯
適応症・・・失われた歯が多い場合や、一番後方の歯が
二本以上失われた場合に用いられます。



・歯を削らずに済みます。
・健康保険の適応が可能です。(一部保険外の材料もあります)


・強い違和感があります。
・つめ(クラスプ)の掛かる歯やはぐきが傷みやすく、結果的に歯が早く
失われてしまう可能性が高くなってしまいます。

インプラント
適応症・・・様々な状態の歯の欠損に対応できます。
(天然歯の代わりに人工の歯根で回復)
インプラント


・噛み心地や機能・外観が天然の歯とほとんど同じです。
・残った歯に負担をかけません。
・結果的にインプラントや残った歯が長持ちします。


・保険適用外の処置のため、費用がかかります。
・手術が必要です。
・顎の骨が大きく吸収してしまっているなどの理由で
手術ができない場合もあります。



一番後ろの歯が一本失われた場合などで、
とりたてて不自由がない場合には何も入れずに
経過を見ることがあります。

反対側の歯が出てきそうな場合や、顎やほかの歯に
ダメージがありそうな場合などには治療が必要になることもあります。



あおぞら歯科について

交通アクセス

サイトについて

ページのトップへ戻る