診療のご案内

・あおぞら歯科 > 診療のごあんない > 一般歯科 > 虫歯について

むし歯について

むし歯について

むし歯とは、むし歯菌が砂糖を利用する際にできた「酸」によって歯が
溶かされる病気です。むし歯は放置しておいても自然に治ることはありません。
また、むし歯の進行を放置したままにしておくと、最終的には歯を抜かなければ
いけなくなります。症状があらわれたら、我慢せずに早めに治療を受けましょう。

歯の健康を長く保つためには、食生活やブラッシング(歯みがき)に気をつける
ことはもちろん、定期的に検診と歯のクリーニングを受けることが大切です。
自分の歯を失うことなく健康な生活を送るためには、むし歯になる前に「予防」
することも重要になります。

むし歯の進行


健康な歯は、神経や中の組織が固いエナメル質で守られています。
エナメル質で留まっているような軽い虫歯は、
少し削った後詰め物をして修復します。


象牙質までむし歯になると、冷たい物がしみたり、
噛んだりした時に痛みが出るようになります。
神経に近いところまで削ると、治療中に痛みが出るので
麻酔をして治療することがあります。


歯髄(神経)にまでむし歯が及ぶと、歯がズキズキと痛みます。
痛みを取り除くには、神経を取る処置が必要になります。
まれに、ひどい痛みが毎日続いていたのに、ある日からぴたりと
痛みがなくなったと訴える患者様がいらっしゃいますが、
既に歯の神経が死んでしまっていて痛みを感じなくなっていた、
というケースもあります。

むし歯で歯の組織のほとんどが破壊され、歯の根っこしか残っていない状態に。
ここまでくると歯を残すことが難しく、抜歯になるケースが多いです。
また歯の根の先に膿がたまって、歯ぐきから膿が出たりすることがあります。
膿の袋は大きくなると口腔外科での手術が必要になる場合があります。



むし歯の治療法

むし歯の治療には、
歯冠(口の中に見えている部分)を治す歯冠修復と、
歯根(歯の根っこ)を治す根管治療
があります。


範囲が小さい場合=「つめる治療(インレー)」
範囲が大きい場合=「かぶせる治療(クラウン)」
があります。

つめる治療の場合は、神経を残して処置することが多いです。
軽いむし歯の場合は、即日で治療を完了することが可能です。
また、インレーでの修復が必要な場合も、まず型どりをして、
その一週間後につめものを入れるので比較的短期間で
終えることが可能です。

しかし、かぶせもの(クラウン)の治療は、
まず歯根の治療
(根管治療)をすませ、
歯の中に土台の芯(コア)を入れ、そして最後に
かぶせものを装着する形になります。

また、インレーと違い土台の型どりが必要なので、
土台の型どり後⇒(一週間後)土台を装着し、
かぶせものの型どり⇒(さらに一週間後)
かぶせものを装着という風に一定の期間がかかります。

また、保険診療の場合は型どりの前に
歯のそうじを済ませなければいけません。
そのため、かぶせものの治療の場合、
根管治療も併せると早くても一ヶ月ほどかかります。


炎症を起こした歯の神経を取る「抜髄(ばつずい)」、
また神経を取った歯の中に細菌が入り込み、
感染してしまった歯根を治す「感染根管処置」
があります。



神経を取った後は、根管内を清掃し、
消毒する薬を入れて仮のふたをします。
症状がなくなるまでは薬の交換をします。
根管内がキレイになり、症状もなくなったら
根管内をふさぐ材料をつめます。

神経を取った歯はもろくなり、欠けたり割れたり
しやすくなります。また歯の変色も起こります。
そのため、歯根をつめた後土台(コア)を入れ補強し、
最後にかぶせもの(クラウン)をかぶせます。

レジン充填

比較的小さなむし歯や、かけた歯に対して行う治療法です。
患部にレジン(プラスチックの一種)を充填して修復する方法で、
即日で修復が可能です。
銀歯ではない、保険適応の白いつめものはだいたいこのことです。

インレー修復

やや大きめのむし歯や、かけた歯に対して行う治療法です。
患部に、型どりして模型上で作ったインレー(つめもの)を入れて修復する方法です。
インレーにはさまざまな種類があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。
治療にあたってはご相談の上、ご希望の方法を選択していただきます。

インレーの種類について

クラウン修復

むし歯などで大きくかけた歯や神経を取った歯は、冠(クラウンとも呼びます)をかぶせて修復します。
冠にはさまざまな種類があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。治療にあたってはご相談の上、ご希望の方法を選択していただきます。

前歯のクラウン
奥歯のクラウン

歯を失ってしまった場合

歯周病について


あおぞら歯科について

交通アクセス

サイトについて

ページのトップへ戻る