診療のご案内

・あおぞら歯科 > 診療のごあんない > インプラント > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ



お口の中の状況を確認します。
患者さんのご希望を伺うとともに、インプラント療法や他の治療方法について
説明と相談の時間をお取りします。



相談の結果、インプラント治療を希望される場合、レントゲンやCTを撮影し
顎の骨の状態を調べます。また、残っている歯や歯肉、噛み合わせなどを
診査します。
その後、口腔内のクリーニングや必要があれば歯周病治療などの初期治療を
行います。



診査結果を検討し、治療計画を作成し、患者さんのご了解を頂いた上で、
顎の骨にインプラントを埋め込みます。
手術といっても、局所麻酔下で行う処置です。

インプラント一次手術

埋め込まれたインプラントと周囲の骨が結合するために、一定の期間が必要です。
長いようにお感じになるかもしれませんが、治療の成功のためには非常に大切な
時間です。ケースによっては、この間に仮歯を装着することも可能です。

インプラント安定結合期間

骨との結合を確認後、インプラントにアバット(土台部分)を装着します。
一次手術と異なり、短時間で終了します。

インプラントアバット装着

手術後の歯肉が安定後、仮歯を作製してお使いいただきます。
噛み合わせや色、形など、必要があれば作製を担当する歯科技工士も交えて
確認します。

仮歯作製

仮歯装着で問題なければ、最終的な人工歯を装着します。

インプラント完了

インプラントを良い状態で長くお使い頂くためには、治療終了後のメンテナンスが
非常に大切です。ご自身の歯のチェックも含め、目安として3ヶ月おきに定期検診に
お越し頂いております。


あおぞら歯科について

交通アクセス

サイトについて

ページのトップへ戻る