診療のご案内

・あおぞら歯科 > 診療のごあんない > ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングって何?

ホワイトニングとは、特殊な漂白剤(ホワイトニング剤)を用いて
歯の表面や内面の着色を目立たなくし、歯を白く見せる治療法です。

ホワイトニング剤の成分は過酸化尿素で、もともとは口腔内の消毒に
用いられていた薬品ですから安全で歯の構造を変えることなく歯を
漂白することができます。
ホワイトニングには、いくつかの方法があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング法は、主に健康な歯に対して行う方法です。
まず、歯科医院で歯の型をとり、オーダーメイドのホワイトニング用
トレーを作成します。
あとは、完成したトレーにホワイトニング剤を塗布し、就寝中に歯に
装着することでご家庭でもお手軽にホワイトニングを行うことができます。
※ホワイトニング施術前には必ず歯の歯石取り(クリーニング)をして
キレイな状態にしてからホワイトニングを行います。

ホームホワイトニング法は、
ご自分の歯の本来の色を取り戻すために低濃度の漂白剤で
じっくり時間をかけて行うので、効果が出るまで少々時間が必要です。
(だいたい2週間程度が目安です)

ホームホワイトニングの良い点は、歯の自然な透明感とつやを失わずに
美しくホワイトニングすることができます。

※また着色が気になり始めた頃にご来院いただいて、
ホワイトニング剤を購入いただくと、好きな時に
ご自分のペースでホワイトニングを続けていただくことができます。


ホームホワイトニング施術例
※施術例です。ホワイトニングの効果は個人差があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング法は、主に健康な歯に対して行う方法です。
歯科医院で歯に漂白剤を塗り、短時間でホワイトニングする方法なので
一日で白くしたいというお急ぎの方向けの方法ですが、歯の再着色(後戻り)
が起こりやすいという欠点もあります。
高濃度の漂白剤を作用させるので1回の治療ですぐに白くなりますが、
透明感が少なくつやのない不自然な白色になることがあります。
※あおぞら歯科ではそれらの理由からオフィスホワイトニングは行っておりません

ホワイトコート

ホワイトコートとは歯の表面を白いプラスティックの
ようなものを薄く塗ることによって歯を白くする方法です。
簡単に例えると「歯のマニキュア」のようなものなので、
時間が経過すると共にはがれていきます。
ホワイトコートの利点は、手軽に即日短時間で
白くできることと、ホワイトニングができない場合にも
対応できるケースが多いことです。

急なイベント等で歯をすぐに白くしたい場合には
おすすめですが、はがれてきた場合は、歯科医院で除去してもらうか、
再度塗って修復する必要があります。

持続性は1ヶ月~3ヶ月と人によって様々ですが、
歯ぎしりなどのクセがある場合ははがれやすいようです。
またホワイトコートをあまり短期間で頻繁に繰り返すと、
歯の表面がざらざらになったりとダメージが起こりやすくなるため
(※爪にする「ジェルネイル」のリスクに似ています)
継続的に白くしたい場合はホームホワイトニングをおすすめしています。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ法は、神経を取って変色してしまった歯に対して行う
ホワイトニング方法です。
歯の裏側に小さな穴を開けた後、内部に漂白剤を塗布することにより
ホワイトニングを行います。神経を取った歯への着色は、歯の内部に
深く沈着してしまっているため、だいたい1週間に1度の薬剤の交換を
4回ほど繰り返しますので、効果がみえるまで通常約4週間程度かかります。
また、どこまで白くなるかは個人差があります。
まずはお気軽にご相談ください。

ホワイトニング法特徴比較表

あおぞら歯科では、主にご家庭で手軽に続けられる「ホームホワイトニング」
短時間で白くする「ホワイトコート」
神経を取った歯に行う「ウォーキングブリーチ法」を行っています。
まずはお気軽にご相談ください。


ホワイトニングの注意点

ホワイトニングの効果は個人差があります。


ホワイトニングで対応可能な歯の白さには限度があります。
まずはどのくらいの歯の白さにしたいのかをご相談の上、
ホワイトニングを行います。


一時的に知覚過敏の症状が出ることがあります。
歯のエナメル質が薄いと、ホワイトニング中、一時的に知覚過敏の症状
(歯がしみるなど)がでることがあります。
知覚過敏の症状が出た場合、ホワイトニングする間隔をあけることで軽減することができます。


歯のつめものやかぶせものの色は白くなりません。
ホワイトニングは、ご自身の歯を白くする治療法です。
人工のつめ物を白くすることはできません。


ホワイトニングの効果は永続的なものではありません。
外来性の着色(お茶・コーヒー・タバコなど)により再び歯の着色や変色が
おこる可能性がありますので、歯の白さを保つためにも定期的なメンテナンス
をおすすめいたします。


ホワイトニングが不可能な場合があります。
歯の形成期(0~12歳)に抗生剤を服用したことで重度の変色、
着色が起こった歯にはホワイトニングが不可能な場合があります。
ただ、程度によってはホームホワイトニング法で長時間ホワイトニングを
行うことにより、ある程度白くすることができる場合もありますので、
まずはご相談ください。

あおぞら歯科について

交通アクセス

サイトについて

ページのトップへ戻る