歯科を受診することにより、
歯だけでなく、粘膜や舌など、お口の中の異常に早く気づけることもあります。できものなどで重大な病気の疑いがあり検査が必要なものなどは、口腔外科に紹介する形になります。

当院では、口内炎は軟膏を処方する形になります。※レーザー治療は行っておりません。

粘膜疾患

口内炎

口内炎とは、口の中やその周辺の粘膜におこる炎症のことを指します。
口の中の粘膜にクレーターのようなものができ、しみたり痛みを伴うものをアフタ性口内炎とよびます。
多くは疲れやビタミン不足による免疫力の低下などが原因でもおこりますが、ほっぺたを噛んでしまったり、歯ブラシなどで傷をつけてしまったりと外的刺激によりできたりもします。

ただし、1~2週間たっても治る気配のないもの、痛みの伴わない口内炎、舌の縁にできるものなどには注意が必要です。重大な病気の可能性もありますので、早めに受診してください。

小さい口内炎の場合、薬局で売っている市販のシールタイプの口内炎パッチも有効です。

舌の異常

【ガマ腫(粘液貯留嚢胞)】
舌の下側に唾液が溜まって腫れる病気です。
痛みは伴いませんが、舌下型の場合、違和感があります。顎下型の場合、あごにこぶなどができたりするケースもあります。

何らかの刺激(歯ブラシで傷つけたりなど)により唾液の出口が封鎖され、唾液が溜まることにより出来ることが多いと考えられています。

【舌がん】
舌の両脇の部分にできる場合が多く、また舌の裏など見えない部分にできることもあります。

舌の粘膜に赤い斑点や白い斑点がまだらにできていたり、口内炎らしきものが期間をおいても治らない場合、注意が必要です。
早い段階であれば、腫瘍部分のみの小さい範囲の切除で済みます。当院では処置ができないため、大きい病院の口腔外科へ紹介する形になります。

早期発見が一番です。心配なこと、不安に思うことがありましたら、早めに受診してください。