歯を残すためには、早期治療。
むし歯はもちろん、お口の中に急にできた「できもの」なども心配な場合があります。
お早めにご相談下さい。

一般歯科

虫歯(むし歯)って何?

虫歯とは、むし歯菌が砂糖を利用する際にできた「酸」によって歯が溶かされる病気です。虫歯(むし歯)は放置しておいても自然に治ることはありません。

虫歯(むし歯)の進行と治療期間

虫歯の初期段階では即日で治療を終えることが可能ですが、激しい痛みが起きるほど炎症が強くなってから受診されると、麻酔が効かなかったり、血が止まりにくくなる理由から、一時的に薬で炎症を抑えてから後日治療になるケースもあります。

むし歯は、進行すればするほど治療期間も長引き、経済的な負担も大きくなります。違和感など症状に気づいた早めの段階で受診しましょう。

詰め物

比較的大きめのむし歯(神経を取らなくてもいい範囲)の場合、虫歯部分を取り除いた後に型取りをして、詰め物をします。
※プラスチックの材料で埋める範囲より大きい場合に適用します。

詰め物に関しては、保険適用では現在、銀歯のみになります。

白い詰め物は保険外になるため、高額になりますが見た目は美しいです。

被せもの

深い虫歯(むし歯)でやむを得ず神経を取る処置になった場合、根管治療を行います。神経を取り空洞になったスペースに土台を立て、上から被せものをかぶせて自分の歯をカバーする治療になります。

被せものに関しては、最近では部位により、保険適用でも白い被せものを入れることができるケースもありますが、まず自分の歯の残っている部分が多いことや、臼歯が残っていること、その他にも何点か条件がありますので、全ての方に適用できるというわけではありません。まずはご相談ください。

また、稀ですがご本人も気がつかないまま歯に先天欠損があり、適用の歯の部位でなかったりする場合もあります。前から数えて何番目の歯だとしても、適用範囲の歯でないため、できないこともあります。(歯も部位により形が決まっていて、例えば指の形でいうと、親指と薬指などで長さや形が違うのと同じです)

失ってしまった歯を補う治療

深い虫歯(むし歯)になってしまったり、歯にヒビが入ってしまった、割れてしまった場合など、やむを得ず抜歯になってしまうケースもあります。

失ってしまった部分の歯を補う方法として、
1 ブリッジ
2 入れ歯(義歯)
3 インプラント
があります。

噛み心地において違和感の少なさ、コストも抑えられる選択肢として最も多く選ばれるのが、ポピュラーな「ブリッジ」ですが、どの治療方法にも、メリット、デメリットがあります。選択可能な治療方法の(患者様の状態にもよります)選択肢は、全てご説明させていただきますので、疑問点がありましたら、ご相談ください。

ブリッジ

失われた歯が少数の場合に用いられます。
その名前の通り、橋を架ける形で欠損部分の両サイドの歯もまたいで被せものを入れ、被せる形で支えます。

違和感もなく保険も適用されることもあり最もポピュラーな方法ですが、被せものを被せるために、前後の健康な歯を削らなければいけません。

ブリッジの特徴

【長所】
・固定式なので、違和感がありません。
・保険適用です(銀歯のみ。白い材料は保険外になります)

【短所】
・欠損部分が一番奥の歯の場合はできません。
・隣の歯を削らなければいけません。
・削られた歯は天然の歯よりも弱くなってしまいます。
・失われた歯の分まで噛む力を負担しなければならないため、ブリッジを支える両側の歯に無理な力がかかります。

入れ歯(義歯)

失われた歯が多い場合や、一番後方の歯が2本以上失われた場合に用いられます。

はぐきの上に固いプラスチックを乗せるため違和感が強く、初めての方は義足などと同じで、使い始めの数ヶ月は使いこなすための訓練をしていく覚悟が必要です。

入れ歯の特徴

【長所】
・歯を削らずに済みます。
・健康保険の適応が可能です。(一部保険外の材料もあります)

【短所】
・強い違和感があります。
・つめ(クラスプ)を掛ける歯やはぐきがダメージを受けやすく、結果的に歯が早く失われてしまう可能性が高くなります。

インプラント

1本からでも数本でも、様々な状態の歯の欠損に対応できます。

天然歯の代わりに人工の歯根を代用し、欠損前とほぼ同じ噛み心地で違和感はありませんが、入れた後はインプラント歯周炎などを防ぐため、メンテナンスが必要です。

また、歯周病が進行して顎の骨が薄くなってきている方や、歯を欠損した後長い期間を空けてしまい骨吸収が起こってしまった場合などで、人工歯根を埋めることができないケースもありますので、全ての方に適用できるわけではありません。

インプラントの特徴

【長所】
・噛み心地や機能・外観が天然の歯とほとんど同じです。
・残った歯に負担をかけません。
・結果的にインプラントや残った歯が長持ちします。

【短所】
・保険適用外の処置のため、費用がかかります。
・手術が必要です。
・顎の骨が大きく吸収してしまっているなどの理由で手術ができない場合もあります。