ホワイトニングとは、
特殊な漂白剤(ホワイトニング剤)を用いて歯の表面や内面の着色を目立たなくし、歯を白く見せる治療法です。

ホワイトニング剤の成分は過酸化尿素で、もともとは口腔内の消毒に用いられていた薬品ですから安全で歯の構造を変えることなく歯を漂白することができます。

当医院ではホームホワイトニングのみ行っております。

ホワイトニング

ホワイトニングって何?

ホワイトニングとは、特殊な漂白剤(ホワイトニング剤)を用いて歯の表面や内面の着色を目立たなくし、歯を白く見せる治療法です。

ホワイトニング剤の成分は過酸化尿素で、もともとは口腔内の消毒に用いられていた薬品ですから安全で歯の構造を変えることなく歯を漂白することができます。ホワイトニングには、いくつかの方法があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング法は、低濃度の薬剤により徐々に白くしていくので、高濃度の薬剤を用いるオフィスホワイトニングと比較して歯に負担の少ない方法です。

まず、歯の歯石取り(クリーニング)をしてキレイな状態にした後に歯型をとり、オーダーメイドのホワイトニング用トレーを作成します。

完成したトレーにホワイトニング剤を塗布し、時間をおくだけでいつでも好きな時にホワイトニングを行うことができます。

ただ、ご自分の本来の歯の色に戻す治療なので、生まれもった歯の色以上に白くすることはできません。

また、低濃度でじっくり白くしていくため、安全な分効果が出るまで少々時間が必要です。(だいたい2週間程度が目安です)

ホームホワイトニングの良い点は、歯の自然な透明感とつやを失わずに美しくホワイトニングすることができます。

※ホワイトニング剤はいつでもご購入いただけます。お好きな時にご自分のペースでホワイトニングを続けてください。
※ホワイトニングの効果は個人差があります。

ホワイトニングの注意点

※ホワイトニングの効果は個人差があります。
※人工物である歯のつめものやかぶせものは白くなりません。
※ホワイトニングで対応可能な歯の白さには限度があります。
まずはどのくらいの歯の白さにしたいのかをご相談の上、ホワイトニングを行います。

※一時的に知覚過敏の症状が出ることがあります。
歯のエナメル質が薄いと、一時的に知覚過敏の症状(歯がしみるなど)がでることがあります。知覚過敏の症状が出た場合、ホワイトニングする間隔をあけることで軽減することができます。

※神経が死んでしまっている歯は白くなりません。
※ホワイトニングの効果は永続的なものではありません。
外来性の着色(お茶・コーヒー・タバコなど)により再び歯の着色や変色がおこる可能性がありますので、歯の白さを保つためにも定期的なメンテナンスをおすすめいたします。

ホワイトニングが不可能な場合

歯の形成期(0~12歳)に抗生剤(テトラサイクリン)を服用または母胎妊娠時に服用したことで歯の重度の変色、着色が起こった歯にはホワイトニングが不可能な場合があります。

ただ、程度によってはホームホワイトニング法で長時間ホワイトニングを行うことにより、ある程度白くすることができる場合もあります。

まずはご相談ください。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ法は、神経を取って変色してしまった歯に対して行うホワイトニング方法です。

神経を取った歯はもろくなってしまうため、欠けたり折れたりする前に被せものでカバーしたほうが良いのですが、すぐに被せものを考えていないという場合、一時的な処置として行うことはあります。

方法としては、歯の裏側に小さな穴を開けた後、内部に漂白剤を塗布することによりホワイトニングを行います。

神経を取った歯への着色は、歯の内部に深く沈着してしまっているため、だいたい1週間に1度の薬剤の交換を4回ほど繰り返しますので、効果がみえるまで通常約4週間程度かかります。

また、どこまで白くなるかは個人差がありますが、若干明るくなる程度のものなので、劇的に白くなることはありません。

そのため、もともとの歯の色が明るい方で、同じくらい明るくしたい場合は、被せものの方が適している場合もあります。

※現在、ウォーキングブリーチの薬剤自体が廃版になってしまったため、今ある在庫がなくなり次第終了とさせていただきます。

まずはご相談ください。